民法改正

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 ~いままでのブログ(平成28年まで)は、こちらからお読みいただけます~
    http://office-kimura.seesaa.net/
汗ばむくらいの陽気に恵まれ、夏を感じさせる日々もつかの間。
ここ最近は、連日、さむい日が続いています。
晴れたり、雨になったり、天候も不安定。
疲れやすい季節です。
体調をくずされませんように、ご注意ください。
みなさんもご覧になったかと思います。
民法改正。
成人の年齢が、2022年(平成34年)4月1日から
現行の20歳から18歳に引き下げられ、現行より2歳はやく、大人になります。
18歳から「大人の権利」をもつということ。
大人の権利は、自由を意味するだけではなく、同時に、責任や義務もついてきます。
若年者の積極的な社会参加を期待する反面、
親の同意なく結んだ契約を取り消せる権利も失います。
いままでは、大人になる=成人式 と、ただ漠然ととらえていたかもしれません。
今回のことを機に、
自由を手にするだけではない 「大人になること」 の意味を話しておくことも大切なことなのかもしれません。
これから成人となる未成年の皆さんには、自分の思い描いているみちを邁進してほしいです。
新緑.jpg
posted by kimurajimusho at 18:49青森 ☁Comment(0)法改正