桜の季節

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 ~いままでのブログ(平成28年まで)は、こちらからお読みいただけます~
    http://office-kimura.seesaa.net/

日中はあたたかい日差しがふりそそぎますが
朝晩は、まだまだ風がつめたい青森市内。

先週あたりから、青森市内もようやく桜が咲き始めました。
青森市で桜の季節にぎわう合浦公園や野木和公園も新型コロナウィルスの影響により、閉鎖となりました。

毎年、県内外から多くの観光客の方々がおとずれる弘前城もまた閉鎖となりました。
青森市内から弘前城に向かう途中に、桜並木があります。
この季節、この通りを車で通ると、桜の花吹雪が舞って、とても綺麗です。
一か月まえは、まだまだ小さなつぼみでした。

20200330_150325.jpg



一か月もすると、季節をわすれず、今年もきれいな花が咲き誇っています。
これは、青森市内の繁華街が立ち並び、通常ですと賑わいを見せる
青森市本町の桜です。

line_1462401699033121.jpg

line_1462398710250624.jpg


こちらは、青森県行政書士会の事務局付近の桜です。

20200427_150245.jpg



青森市内の観光物産館アスパムと八甲田丸付近の海辺。
例年にぎわうこの季節、人は激減していますが
自然は、いつもと変わらず、春を感じさせてくれています。


20200417_100051.jpg

20200417_100141.jpg


あたりまえのことがあたりまえでなくなる日常。
このような日々が続くと、あたりまえの生活のありがたさをとても感じます。
今回は、いつもより多めに青森の春を感じられるよう、写真を掲載しました。
すこしでも気分転換のお役に立てれば、うれしいです。



令和の春

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 ~いままでのブログ(平成28年まで)は、こちらからお読みいただけます~
    http://office-kimura.seesaa.net/

風のつめたさがのこる青森市内。
今年は例年より、雪が非常にすくないまま春を迎えようとしています。
曇り空の合間にも晴れ間も見え、太陽の日差しがまぶしく感じられます。

無題.png



コロナウイルスの拡大で、全国的、世界的に自粛ムードのなか
青森県内もまた例外ではなく、
今月はじめから、急遽コロナウイルスによる休校などが相次ぎ
異例の措置が取られています。
見えないウイルスとの戦いは、いつになったら収束するのでしょう。

本来なら、明日から春休みをむかえるはずの学生さんたち。
卒業式や入学式、学期末の修了式など
節目節目をこのような形でむかえることになり、新生活に向けた切り替えが難しいかもしれません。

このような状況が続くと、なにげなく過ごしている日常生活のありがたさをとても感じます。
近いうちに、通常にもどることを願って。

青森では、まだ開花していませんが、国内の春のたよりが届きました。
上をみあげて、あたらしい春を!!

1585210508494.jpg




中秋の名月

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


~~ いままでのブログ (平成28年まで)は、

          こちらからお読みいただけます ~~

   http://office-kimura.seesaa.net/


近頃の自然災害には、目を見張るものがあります。
大雨の被害があり、連日の猛暑日が続き、
いまは台風の被害が報道されています。
生活に欠かせない水、電気。
約9年ほど前の地震の際、青森も被害を受けました。
水はありましたが、電気はとまり、信号も消え、遮断機もおりっぱなしとなり
非常に怖い夜を過ごしました。
あたりまえの日常のありがたさを感じます。
青森市内は、朝晩は、だいぶ涼しさを感じられるようになりました。
まだ電気が復旧されていない地域のみなさんは、寝苦しく不安な夜をお過ごしのことと思います。
一日もはやい電気の復旧と、日常の生活に戻れることを願っております。

今日の青森市内は、昨日のスコールのような雨とはうってかわり
太陽が顔を出しました。
見回すと、あっというまですね。
季節は、秋へと移り変わりを見せ、田んぼが黄金色になっていました。
田んぼの後ろには、雄大な岩木山。

20190912_132401.jpg



20190912_132408.jpg




明日は、中秋の名月。
みなさんのお住まいの場所からも見えていますでしょうか。
あわただしい日常ですが、たまには夜空を見上げてみてください。
停電の暗い夜に、あかるい月の優しいひかりがとどきますように。

20190912_185226.jpg